眼のスクリーニング検査・栄養相談【いのうえ小児科阪南クリニック】|大阪市阿倍野区

TEL:06-6626-3745
WEB予約はこちら

眼のスクリーニング

乳幼児からの眼のスクリーニング検査について

生まれたばかりの赤ちゃんの視力は明るさがわかる程度で、色々なものを見ることで視力は発達し6歳くらいで1.0に達するとされています。この視力が発達する時期に適切な刺激が得られないと弱視(眼鏡をかけても視力がでない状態)になってしまいます。 弱視の原因としては、屈折異常(近視・遠視・乱視)や斜視、不同視などがありますが、 3歳児健診でこれらが見逃された場合、治療が遅れ十分な視力が得られないことが示されています。

当院では、10秒程度で近視、遠視、乱視、不同視、瞳孔不同などの異常を検出することができる検査機器「スポットビジョンスクリーナー」導入しています。「スポットビジョンスクリーナー」は、直接眼に触れることなく、1メートルの距離から両眼同時に検査を行います。生後6か月から大人まで検査が可能です。 お子様のしぐさや動作や目の外観から下記の症状が見られたら、どうぞお気軽にご相談ください。保険診療で検査を行い、異常が見つかった場合には、眼科専門機関を紹介いたします。

  • たまに目線がずれることがある
  • いつも頭を傾けてものを見ている
  • テレビを見る位置が近い
  • 片方の目を隠すと嫌がる
  • 絵本を見たり、読んだりすることに飽きっぽくなった
  • 昼間に屋外へ出ると眩しそうに目を細め、片方の目を強くつぶる
  • まっすぐ走ることが苦手で、自然とどちらかに曲がってしまうことがある
  • 階段を異常に怖がる

当院では乳児健診(生後6か月以降)や入園・入学前健診の際に、無料で眼のスクリーニング検査を行っています。